飲食店の3Cとは

現在は様々なお店が立ち並び、どのお店も集客や売上を伸ばすために工夫を凝らしています。
商売の中でも飲食店は、生き残る為に必要な経営ノウハウが必要となります。
他の店より優れる、飛躍するお店にするには、飲食店を経営していく上で知っておきたい「3C」があります。
この3Cは、Customer(市場、顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)の頭文字をとったものです。
今回は、飲食店経営の3Cについて紹介していきます。

12019 / Pixabay

Customer(市場、顧客)

3Cの一つ目は「Customer」になります。
このCustomerは顧客が求めてりるニーズを指します。
お店の商品が、人気であったり有名になったからといっても、その地域にとって必要性の感じられないお店は長く経営していくことはできません。
そのためCustomerが重要なのです。
商売の基本は、顧客のニーズに答えることで利益になりますが、お店の料理が美味しくて有名な店であっても、何年も変化の無い状態が続けば顧客は飽きてしまいます。
そのため、顧客のニーズやマーケティング、市場の現状がどのようになっているのか把握しておくことが大切です。

Competitor(競合)

3Cの二つ目は「Competitor」です。
Competitorとは競争者つまりライバル店を指します。
ライバル店が少ない、または無い場所でお店をオープンすることでお店を飛躍させることができます。
ライバル店の多い店ではオープンしても宣伝がうまくいかなければ集客を見込むことは難しく、売り上げもなかなか伸びないのです。
そのため、飲食店など競争率の高いお店をオープンするときは、ライバル店が少ない場所選ぶことがとても重要なのです。
しかし、最初はライバル店が少ない地域であっても、ライバル店がどんどんオープンする場合もあります。
そうなった時、自分のお店の顧客をいかに留めておく事ができるか考える必要があります。

Company(自社)

3Cの三つ目は「Company」です。
これは、自分のお店の自信があるものは何なのか、得意分野をどれだけ伸ばしていくことができるかというものです。
この「自分のお店の強み」を知ることで、この業界で生き残ってゆくことができます。
また、自社ブランドを持った会社は、不況や売り上げが伸び悩んだときに生き残るための武器になります。
そのため、自分のお店の強みを強化することで、今後の売り上げに繋げていくことができるのです。

このように、Customer、Competitor、Companyの3Cを理解しておくことで、ライバル店や不況に強いお店を目指すことができるのです。
自分のお店は3Cができているかチェックしてみましょう。