クレジットカード事情について

イタリアに旅行へ行きたい、イタリアで暮らしたいと考えている人もいるでしょう。
イタリアに滞在するには、現地で利用できるクレジットカードを持っていたほうが便利です。
しかし、イタリアで利用できるクレジットカードについて良く分からないという人が多いのではないでしょうか?
今回は、イタリアのクレジットカード事情について紹介していきます。

TheDigitalWay / Pixabay

用意したい2枚のクレジットカード

イタリアに行くなら持っていてほしいクレジットカードというのが「visa」と「mastercard」です。
この2つのクレジットカードさえ持っていれば、イタリアはもちろんどの国へ出かけても困ることはほぼありません。
しかし、日本で多くの人が登録しているJCBは、最近イタリアで利用できるお店が少しずつ増えてきましたが、免税対象商品を取り扱っているお店や大型デパートでは使用できない可能性があります。
また、近年ではイタリアへの旅行に中国人旅行者が増加したため、union payのような中国系のクレジットカードが使えるお店も増えてきています。
やはりイタリアで生活して行くのであれば、visaとmastercardを持っているのがおすすめです。

イタリアでカードを2枚持っておく理由とは

イタリアは、日本に比べると治安が良くありません。
電車やバスなど公共交通機関に乗車した際に、旅行者が盗難、スリに合う被害が後を絶ちません。
もしも被害にあってしまったら、カードの利用をストップさせることが大切です。
24時間対応の専用窓口の利用も可能ですが、海外で問い合わせしてもうまくいかない事があります。
クレジットカードを1枚しか持っていない場合、カードの利用停止をしてしまうと日本からのお金の引き出しや送金ができなくなってしまいます。
このような事態に陥らないためにも、クレジットカードは常に2枚用意しておくようにしましょう。
ただし、2枚のクレジットカードを用意していても、一緒に持ち歩いては被害にあった際に意味がありません。
必ず、「持ち歩き用」とホテルや家に「保管しておく用」を分けておくことが大切です。そして、クレジットカードを作る際は年会費のかからないものを選ぶようにしましょう。理由としては、旅行など短い期間の滞在のためにカードを作る場合、高い年会費は割に合わないからです。
クレジットカードを作る際は、専用窓口がしっかりしているかなど、予め確認しておいた方が良いでしょう。
また、クレジットカードの他に用意するなら、国際キャッシュカードやインターナショナルカードを持っていると、海外でも日本の口座からお金をおろすことが可能になります。