お店を開業する時のオススメ物件探し

お店を開業するには店舗となる物件を用意しなくてはいけません。
店舗として利用する物件は、住宅を探すのとは違います。
良い物件が見つかったとしても、飲食店として営業するのを認めない物件もあるので、飲食店として開店できるのかどうかしっかり確認しましょう。
ジアミストでは、お店を開業する時の物件の探し方についてのポイントをご紹介していきます。
飲食店を開業する時の良い物件を見つけるポイントがいくつかあるので、ポイントを視野に入れて希望の物件を探して下さい。

moreharmony / Pixabay

飲食店は「立地」が大切

店舗となる物件を探す際は、集客有利な立地かどうか見極めることが大切です。
人通りが多い、出入りしやすいなどの場所は、店舗も認識されやすく開業後の集客も確保しやすいでしょう。
しかし、集客有利な立地は、当然コストも高くなる傾向にあることも把握しておかなくてはなりません。
また、昼と夜の環境に違いがあるか、近隣の方との関係を保てるかどうかも調べておいた方が良いでしょう。
物件の中には、コンクリートが打ちっぱなしになっていて何もない状態のものがありますが、その場合は最初に内装や設備が必要になります。
物件探しで注目したいのが、居抜き物件です。
もとが飲食店の場合は、必要な設備が整っていることもあり、コスト削減にもつながります。
できるだけコストを抑えたいというのであれば、居抜き物件を中心に探してみるのもよいでしょう。

居抜き物件は不動産会社が管理している場合がほとんどです。
物件探しは、自分で行うのもいいですが、不動産会社を活用するのもおすすめです。

マーケティングを取り入れてみよう

物件探しの時に周囲の環境を調べるもよいでしょう。
お店を出したい地域にどのような人が住んでいて、物件から1キロ、3キロ、5キロの範囲で一日にどれくらいの人通りがあるかチェックしてみてもいいでしょう。
また、車を使うような場所であれば、駐車場が必要になりますから、そのあたりも視野に入れておいてください。

物件を内見してみよう

気になる物件を見つけたら、内見しましょう。
物件の外観や図面だけではわからないことも多いので、実際に内見をして物件をチェックしましょう。
内見の際は、不動産会社が一緒に立ち会い、物件を見ながら状況を説明してくれます。
何回も内見することは難しいので、気になることはしっかりメモを取るなどして情報を記録しておきましょう。
スマホやカメラで撮影がOKであれば、画像を残したり店舗の広さを測っておけば後で確認しやすくなります。