味の変化は気付かれやすい

飲食店を経営するときは提供するメニューや味が何よりも大切になってきます。
中には他のお店と異なったサービスや工夫を求めて来店する人もいますが、大半は料理を楽しみに来ているはずです。
飲食店を経営していると価格やお店の雰囲気、サービスなど様々なものを要求されますが、一番はやはりそのお店の味です。
お店の味の変化にお客さんはとても敏感です。
今回はお店の味の変化についてジアミストがお話していきます。

qwer6695571 / Pixabay

味の変更にはリスクがある

どの飲食店でも、おいしくない料理にお金を出したいと言う人はなかなかいません。
そのお店のサービスや雰囲気など様々な理由で、今後もこのお店に通いたいかどうかを決めているのです。
リピーターとなる一番の理由は、そのお店の味で決まるようです。
しかし、味で固定のお客さんがついた頃に料理の味を変更することはお店にとって大きなリスクになることがあります。
お客さんはお店の味の変化に敏感なため、味を変えたことに気づく人もいます。
この時是非考えてほしいのが、味を変える理由です。
原材料の原価に合わせて料金設定を変えるのであれば、味を変える必要はないでしょう。しかし、原価を下げて料金をそのまま維持していくのであれば、今まで使っていた食材よりも安い食材を使って料理をすることになります。
お店側は、お客さんに味の変化は分らないと思っている人が多いようですが、そのお店に通っている人ほど味の変化には気づきやすいのです。
そのため、食材や味を変更する場合は慎重に行いましょう。

お店のウリとは

各飲食店によってテーマやコンセプト、ウリはそれぞれ異なります。
そのためまずは、自分のお店は「料理の値段がウリなのか?」それとも「料理の味がウリなのか?」をしっかり考えましょう。
お店で提供される料理の味を求めて通っていたお客さんであれば価格が多少上がってもこれからも通い続けるでしょう。
しかし、反対に味よりも価格の安さからお店に通っていた人にとっては、価格が上がったことによりお店に足を運ぶ機会は減ってしまうでしょう。
そのため、自分のお店に通っているお客さんは味を求めているのか、低価格な料理を求めているのかを分析する必要があります。
これらを知っておくことでリスクを減らす事ができます。
もしも味がウリであった場合、価格が多少高くても味が変わらないように工夫をする必要があります。
反対に価格がウリであった場合、味をそのままに料理の量を多少減らすことも考えなくてはいけません。
自分のお店のウリに合わせて、味を変更するかどうか考え直しましょう。