イタリアン業態を成功させるには

イタリアンは日本人からの人気が高く、今後も多くのお店が開業していくと予想されます。
イタリアンのお店には、パスタを専門的に扱ったパスタ専門店や本格的なイタリアンを食べることができるイタリアン食堂、ビストロなど様々な業態で営業しています。
今回は、イタリアン業態を成功させるポイントは一体どのようなものなのかということのついてお話ししていきます。

fxxu / Pixabay

イタリアンの集客の時間帯

イタリアンを提供しているお店は、時間的にディナーよりもランチの時間帯での利用頻度が高いといえます。
そのため、お店ではランチでの集客アップが見込めるため、業態を成功させるためには重要なポイントになります。
イタリアンを提供しているお店では、どのお店も比較的パスタやピザが人気で、売上の大半を占めています。
パスタは、カルボナーラやペペロンチーノなどの本格的なものから、各お店のシェフが考えたオリジナルメニューなどお店によって様々ですが、メニューの種類をどのように展開していくのかも大切です。
また、メニューは店舗のコンセプトやその土地の地域性を考えて判断することで、お客さんのニーズに合ったイタリアンを提供することができるのです。
お客さんは昼間は家族連れ、夜はカップルが多くなる傾向にあるので、これらの情報も加味することで、集客率がアップします。

商品開発には力を入れる

メニューの完成度によって、お店の売上や集客は大きく左右されます。
また、料理が美味しければ口コミも広がりやすくなるので、商品開発には力を入れる必要があります。
先ほども話した通り、パスタとピザはお店の収入源といっても過言ではありません。
そのため、お金と労力は惜しまずに商品開発を行ってください。
パスタであればソース、ピザであれば具材は特に重視してみましょう。
酸味や旨み、ソースの量など、自分のお店が何で勝負するかにより、お店の売上が大きく変わってきます。
また、メインのメニュー以外にもメニューバランスに気を使うことで、お店のこだわりのアピールへと繋がります。

成功のポイント

お客さんが、イタリアンを提供するお店に望んでいるのは「家では食べることができないもの」です。
家で食べられそうというメニューでは、1度来たお客さんを再度集客することは難しいでしょう。
イタリアン業態のメニューは、調理工程が他の飲食店よりも比較的にシンプルになっているので、商品自体の利益率が高いのです。
そため、お店で出す商品の開発と集客の時間帯を抑えることでイタリアン業態の成功が望めます。