イタリアでの電車の乗り方

イタリアへ旅行に行くなら移動に便利な電車を利用する機会もあるでしょう。
イタリアでは、鉄道がイタリア全土を始めとし、ヨーロッパ各地に繋がっているため、旅行中の移動手段としてとても便利なのです。
イタリアの電車は日本の電車と違い、時間道理に電車が来ない・出発しないというイメージがついていますが、近年のイタリアの電車は時間通りの運行ができるようになりました。
今回はそんなイタリアの電車の乗り方について紹介していきます。

analogicus / Pixabay

イタリア鉄道の種類

イタリアの鉄道は大きく分けて8つのカテゴリーがあります。
そのカテゴリーとは、普通列車、レッジョナーレ、レッジョナーレ・ヴェローチェなどがあり、乗車券と指定券が一緒になった切符などがあり、これらを使って乗車することになりいます。
また、国際特急列車の運行もあるため、イタリアからフランスやオーストリアなどヨーロッパ各地に繋がっていて、ヨーロッパ各地を旅行したい人は電車の利用がとても便利です。
また、特急列車には新幹線のようなものから、フェリーに電車を乗せ海を渡るタイプまで様々です。
せっかくのイタリア旅行を電車で楽しむのも一つの手です。

イタリア鉄道の切符の購入の仕方

イタリア鉄道を利用するための切符は、駅の窓口や自動販売機を使っての発行になります。
近年は、多くの人が利用する駅などでは、自動販売機が導入されているところが増え、クレジットカードでも切符の発行ができるようになりました。
現金を支払うより圧倒的に簡単で便利なため、クレジットカードでの支払いがしたいという人は自動販売機がおすすめです。
また、複数の観光地を回りたい人は、日本のように1日乗り放題ができるユーレイルイタリアパスという切符の購入をすることで、いつでもどこでも切符の期限内であれば乗り降りが自由となります。
また、切符はインターネット上から予約や購入も可能です。
ネットを活用することで、価格を抑えることもできるので、窓口や自動販売機での購入が不安な人はインターネットからの購入がおすすめです。

イタリアには改札がない

イタリアの駅には日本のような改札が無いため、目的の電車に乗る前に自動検札機と呼ばれる機械で切符に刻印をしなくてはいけません。
この機械は各駅に設置されているので、忘れずに日付と時間を刻印してください。
電車に乗った後、駅員さんが切符の確認を行うので、刻印をしていなかった場合は、高額な罰金を支払うことになります。
切符を購入したらすぐに刻印をしておくといいでしょう。