飲食店のフランチャイズ化

飲食店を経営していくなら、どのお店も売り上げを伸ばしたいと考えるのが普通です。
そのため、繁盛したお店は2号店など、どんどんと店舗の拡大を考えるようになります。
しかし、店舗を増やしたとしても、すべて店舗を成功させるのは難しく、同業種の場合はさらに厳しい状況となっています。

古社の店舗に限らず、同業種のライバル店が多ければ多いほど、顧客のニーズに応えることはとても難しくなってしまいます。
ライバル店の多い飲食店は、フランチャイズ化することで複数の店舗も成功へと導くことが可能となります。
今回は、飲食店のフランチャイズ化について紹介します。

peachknee / Pixabay

フランチャイズ化とは

フランチャイズ化とは、店舗拡大が成功し次の段階へと駒を進めたい場合に行うもので、売り上げアップのチャンスを作るには良い方法でしょう。
しかし、フランチャイズといっても良くわからない人がたくさんいます。
そもそもフランチャイズとは、フランチャイズ登録した人物や法人が、フランチャイズ本部から知名度、ブランド力、商品力を取り扱う権限をもらい、それらの対価をフランチャイズ本部に支払うという仕組みになります。
このフランチャイズ化では、短い時間で成果を出すために、新しいオーナーとして経営を行っていきます。
商売をしていく上で必要なノウハウをパッケージにすることで、1からビジネスについて学び、実行できる仕組みを指すものがフランチャイズです。

フランチャイズのメリット

フランチャイズのメリットは、なんといっても本社のブランド力を使ってビジネスを行うことができるというところにあります。
ブランド力のあるお店は、集客力も上がるため、売り上げアップに関してメリットがあります。
オープンしたての無名なお店であっても、フランチャイズ化を図ることで集客が可能です。
また、継続的に支援を受けることができるため、テレビCMやチラシなどの広告で大規模なプロモーションを行うこともできます。
また、フランチャイズ化をすることにより、商品開発やサービス向上に力を入れることができます。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズ化のデメリットとして、フランチャイズにより得た利益に対し、ロイヤリティが発生します。
このロイヤリティは、利益の中から数%をフランチャイズ本部に支払い続けなければならないということです。
これは、利益の無い時でも支払わなくてはいけない場合があるので、リスクが高いものといえます。
また、本部が定めたマニュアルに沿って経営していくため、自由な経営がしたいという人には向いていません。
さらに、ライバル店のオープンや景気など、環境の変化にも弱いためフランチャイズ化には注意が必要です。