イタリア人の国民性とは

イタリアに旅行に行ったらイタリア人とのコミュニケーションも楽しみたいという人は多いでしょう。
堪能なイタリア語を話せれば、誰でも仲良くなれると考えている人もいますが、そうとも限りません。
イタリア人の国民性を知ることで、イタリアへ旅行や出張に行った際のコミュニケーションが取りやすくなったり、現地での暮らしやすさなども変わってきます。
今回は、イタリア人の国民性について紹介していきます。

rottonara / Pixabay

挨拶を大切にする

日本も挨拶は大切だと子供のころから教わりますが、近年の日本では近所に住んでいても誰が住んでいるのか分からないという人が増加してきています。
イタリアでも挨拶をとても大切にしていて、近所で暮らしている人とのコミュニケーションの一つとなっています。
近所に住んでいる人や、同じ建物で暮らしている人などは、名前は知らなくても顔は知っているというような人には「こんにちは」と挨拶をしています。
挨拶をすることで、お互いに信頼関係が生まれ、相手からの印象も良いものへと変わっていきます。
近年、日本では、防犯上の意味も込めて知らない人との会話は、できるだけ避ける傾向にありますが、イタリア人は挨拶をしない人に対して好印象を持つことができないので、長期間の滞在を考えている人は注意しましょう。

店員とお客さんの立場

日本では、お客さんは神様だと思って接客をするお店がほとんどです。
良い接客ができないとすぐにクレームやトラブルに繋がってしまいますが、イタリアのお店では、スタッフとお客さんは対等の立場であるという考えが当たり前です。
そのため、初めてイタリアに行った人は、その接客を見て驚く人がとても多いでしょう。海外ではスタッフとお客さんは対等であるお店がほとんどのため、逆に日本に来た外国人は日本のサービスに感動するのです。
また、イタリア人は働くことがあまり好きではないため、笑顔で接客している人はとても少ないです。
日本人は、イタリア人の国民性に慣れるまで時間がかかりますが、慣れてしまえば気になりません。
しかし、お店のスタッフと上手くコミュニケーションをとっていきたいのであれば、自分から挨拶をするように心がけることで顔を覚えてもらったり、信頼関係が生まれることがあります。

イタリア人はおしゃべりが好き

イタリア人は好奇心旺盛な人が多く、常に誰かと何かしらしゃべっています。
また、明るい話題を好むので、イタリア人とおしゃべりをする時はポジティブな内容の会話をするように意識しましょう。
また、日本人には苦手な人が多いのですが、イタリア人は気持ちをストレートに伝えることを大切にしているので、思っていることははっきりと言いましょう。