イタリアでのバスの乗り方は?

イタリアには観光地も多いため、日本と同じようにバスがあります。
イタリアの観光地には駅がなく最寄駅までの距離も遠いことが多いので、観光地を訪れるための移動は、バスを利用するのがおすすめです。
しかし、海外での交通機関の利用は、日本と違うところも多いので不安を感じてしまう人も多いでしょう。
今回は、ジアミストがイタリアのバスの利用方法についてソフトイーエックスが紹介していきます。

Free-Photos / Pixabay

バスの乗り方

イタリアと日本のバスの利用方法の大きな違いは料金の払い方です。
イタリアのバスを利用する時には、電車と同じように切符を購入する必要があります。
切符はバスの運転手から直接切符を購入することもできますが、その場合には料金が高くついてしまうので事前に切符を購入して利用するようにしましょう。
バスの切符は、バタッキや駅にあるエディーコラで購入することができます。
回数券をはじめとする様々な種類の切符が販売されているので、バスに乗る回数に合わせ購入してください。
切符の自動券売機もありますが、トラブルが多いので利用は控えた方が良いでしょう。
イタリアは人気の観光地ということもあり、公共交通機関を利用する人も多いです。
その為、切符を買うために長蛇の列ができてしまうこともあるので、切符の購入はバスに乗るの直前ではなく、前もって準備しておくようにしましょう。
また、イギリスのバスは日本と同じように時刻表がありますが、時間通りにバスが来ることは少ないので、時間に余裕をもって利用するのがおすすめです。

バス停での注意点

切符売り場の周辺には、バス停が多くあります。
イギリスのバスには、行先を示す番号が書かれているので、目的地へ行くバスの番号が書かれたバス停で待つようにしましょう。
イタリアでは、バスを待っていてもバスが通りすぎてしうこともあります。
自分が乗りたいバスが来たときには、自分がそのバスに乗りたいという意志表示をしない限りバス停に人がいても止まらないことも多いです。
バスが見えたら、右手の人差し指を上に向け運転手に見せ、自分がそのバスに乗りたいという意思表示をしてください。
イタリアではこの方法が一般的なので是非覚えておきましょう。

バスの乗車方法

バスに乗車したら、車内2ヶ所にある刻印機に切符を挿入し刻印してください。
刻印を忘れてしまうと、50ユーロの罰金が発生してしまうので気をつけましょう。
また、イタリアのバスは日本と比べるとかなり治安が良くありません。
スリが後を絶たないので貴重品は必ず手に持ち、荷物も目の届くところに手で押さえておくことをおすすめします。