イタリアの治安事情!注意点など!

ソフトイーエックスではイタリアの治安事情についてお伝えします!
イタリアは世界中から観光客の集まる人気の観光地ですが、大きな都市ではスリなどの犯罪が多く治安の悪いという所もあります。
ここではイタリアの治安事情について注意点をまとめていきます!

Free-Photos / Pixabay

イタリアの治安はどのくらい悪いの?

「イタリアは治安が悪いんでしょうか?」と聞かれたら、答えるのが難しい所です。
日本と比べればやはり悪いという事になりますが、生死に関わるような危険があるほどの治安の悪さではないので、世界の中では安全と言える地域です。
外務省が指定する世界の危険地域を見ると、危険度ごとに世界マップが色分けされていますので、そこでチェックしてみてもいいでしょう。
レベル1~4までの危険レベルで色分けされていますが、イタリアはレベル1の色もついていないほどなので大丈夫です。
レベル4は退避を促したり、渡航を中止するような地域で地域なので旅行で行く人はまずいません。

レベル1以下のイタリアは、日本よりは治安が悪い程度に思っていたらいいでしょう。
それほど気にすることもなく、でもやはり軽犯罪には注意という感じで行動するのがおすすめです。

イタリアでは、大きな犯罪よりは小さな犯罪「スリ・ひったくり・置き引き」などが多いです。
貴重金が入っているカバンやスマホから意識を離さず、混雑しているところでは特に注意してください。
リュックやショルダーバックは絶対に使わないでくださいね。
バイクなどでひったくられる場合には怪我をしてしまうこともあるでしょうから、体の近くにしっかり身につけておくようにしたり、貴重品を分散させて持っておくのも手かもしれません。

どんな地域の治安が悪い?

世界中のどこでも言える事ですが、大きな都市は犯罪率が高いのは仕方のないことかもしれません。
イタリアだと、ローマ、ナポリを筆頭にミラノ、ベネチア、フィレンツェなどの観光地ではやはり治安が悪いので注意してください。
田舎では犯罪が少ないですが、全くないわけではありませんので、どの地域に行く場合でも最低限の注意は必要です。
また、イタリアに限らず海外旅行では、テロについても不安があります。
テロは自分で防ぐ事の出来ない事ですが、事前に情報を集めてみたり、テロが起きた時の対処法などを調べておけば、実際に身近でテロが起こってしまった時にきちんと行動できるでしょう。

ナンパにも注意しよう!

ナンパは犯罪ではありませんが、執拗なナンパや、ナンパからの詐欺、性犯罪につながってしまう事も考えられます。
声をかけてくるのは、ホテルのドアマンだったりバスの運転手だっりと身近な人も多いです。
「ナンパで運命の出会いはない!」と割り切り、大人の対応をして下さい。
イタリアは命の危険にさらされる事は少ないと言える国ですが、しっかり気をつけて行動しましょう。