ジアミスト~イタリアンを極める~

皆さんは、イタリアンと聞くと高級なイメージを思い浮かべる方が多いかもしれません。
確かに、それなりに高級なイタリアンのお店も多くありますが、比較的リーズナブルイタリアンのお店ももちろんあります。
ジアミストは、地域に密着しているお店を目指しているので、そこまで高級志向ではありません。
地元の方に愛されるような店作りをするというこだわりはありますが、セレブに来てもらうための店作りはしていません。
そんなジアミストが考えているイタリアンとは何なのかお伝えしていきたいと思います。
また、飲食店の経営についてもお伝えしていきます。

■イタリアンの基本は?

イタリアンの基本となるものは、パスタです。
ご飯やパンというよりは、パスタのイメージが強いので容易に想像ができるのではないでしょうか。
日本では、スパゲッティと呼ばれているロングパスタが定番ですが、本場ではロングパスタとショートパスタを料理ごとに使い分けています。
ロングパスタは、私たちが良く知っている細長いスパゲッティ、平べったく薄いフェットチーネ、断面が楕円形になるリングイーネがあります。
ショートパスタは、日本でも良く食べられるマカロニ、マカロニの両端を斜めにカットしたペンネ、パスタ生地を餃子の皮のようにして具剤を挟んだラビオリがあります。
パスタといっても、このように様々な種類がありますが、なかなか日本人には馴染みがないもあり、イメージがわきにくいという方もいるかもしれません。

■イタリアンのポイントはチーズ!

チーズの調理方法は本当に様々で、世界中に1000種類以上もあると言われています。
イタリアにおいてチーズは伝統食でもあり、パルミジャーノレッジャーノは1000年以上も前から作られていたそうです。
古くからあるチーズなので、日本でも馴染み深く、イタリアンのお店では必ずと言っていいほど使われます。
小ネタですが、日本で知られいぇいるチーズの多くは、イタリア発祥のチーズが多いのです。
そのため、イタリアンを極めたい日本人にとって、チーズは欠かすことができない材料だと言えるでしょう。

■地域密着の飲食店を目指す!

イタリアンを極めようとしているジアミストは、ただイタリアンを極めるだけではなく、地域に密着した料理店を目指しています。
無くてはならない存在になれたら、イタリアの文化を日本の一部の地域だけかもしれないけど、伝えることができたんだと思えるのではなでしょうか。
また、いつかレシピ本を出せた時に、ある意味地域に貢献できるのでは?と考えています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする